虫歯が大きく仮詰めを行なっている場合

  1. HOME >
  2. 虫歯の治療 >

虫歯が大きく仮詰めを行なっている場合

虫歯をとった後の仮詰め

虫歯の仮詰め

虫歯が大きく仮詰めをする場合は神経のある歯に行います。
虫歯が大きい場合麻酔をしなくては痛くて虫歯が取れません。
そのため麻酔を行い虫歯をとりますが、虫歯を取る時の刺激は歯の神経に影響します。

そのため麻酔が切れてくると痛みが出る可能性があります。
なるべく痛みを抑えるため、炎症を抑える薬とともに仮の詰め物を行います。

仮の詰め物を行なった後は一週間ほど経過を見て痛みがなければ白い詰め物、もしくは被せ物を作ります。
しかし痛みが強く出た場合は神経の治療が必要となります。

その後の治療に関しては下記を参照ください

詰め物の治療

被せ物の治療

神経の治療

虫歯の治療に戻る

© 2021 治療から予防へ、一生噛める歯を、かめのこ歯科医院【栃木県佐野市】