リグロス

  1. HOME >
  2. 歯周病の治療 >

リグロス

リグロスを用いる歯周組織再生療法

 

リグロスの成分は細胞を増やす成長因子で、この成長因子の作用により歯周病で破壊された歯周組織の再生を促進する治療法です。

フラップ手術で、プラーク・歯石などを取り除いた後に歯槽骨の欠損部にリグロスを塗布し、歯を支えている歯周組織の再生を促します。フラップ手術とはこちらを参照ください。フラップ手術とは

リグロスと同じ成分は、すでにやけどや床ずれなどの治療に使用されています。

 

 

リグロスは、成長因子の作用により歯周病で破壊された歯周組織の周囲にある細胞を増やし、さらに血管を作って細胞に栄養を送り込みます。これらの作用により歯槽骨などの歯周組織が再生されます。

 

フラップ手術後の注意点

・手術後は、強く口をゆすいだり、触ったりしない、歯ブラシもしない

・手術部位を見ようとして頬を引っ張らない

・なるべくものが当たらないように安静にする

抜糸は1〜2週間後に行います。それまでは歯ブラシは当てないようにしましょう。

歯ブラシを当て始めるときなるべく柔らかい歯ブラシで磨きましょう。

リグロスにかかる金額

保険で処置を行う場合 3割負担で約1万円になります。

また再生療法は歯科に受診してすぐにできるものではなく、全体の歯周病治療を行なった後に行うものになります。

但し、人工骨などを使用する場合は保険外治療となり

人工骨と合わせて7万円ほどかかります。

 

実際の症例

© 2021 治療から予防へ、一生噛める歯を、かめのこ歯科医院【栃木県佐野市】